これまでの教育経験

 

  1. 青森公立大学

ビジネス・イングリッシュ科目を担当。受講学生の英語能力・動機付けが低い中、動機付けを高め、英語能力獲得を目に見える形で実現することを目指す。英語を拒否する学生たちに苦労した。

 

  1. 同志社大学

イングリッシュ・プレプラクティクム科目では、比較的英語能力が高く、留学を志望するなど動機付けが強い学生を指導。授業は英語で行い、発音を含むコミュニケーションの基本的訓練を行なった上で英語でのプレゼンテーションへ向けて指導した。各学生に英語での録音ファイルを提出させ、個別にフィードバックし、一定の成果を残した。

比較文化論科目では、アメリカ放送史をアメリカ社会文化史の中に位置づけながら講義した。多くの学生は非「楽単」科目に反発するも、一部の学生からは肯定的評価を得た。

サイエンスコミュニケーター・プログラムでは、英語でのプレゼンテーションに怯む学生たちに、基本を踏まえることで十分なプレゼンテーションが可能になることを示した。

 

  1. 北里大学一般教育部

医療系学部の専門英語基礎科目で、プレゼンテーションを主とした英語コミュニケーション科目を担当。いろいろと工夫するも十分な成果は得られず。

 

  1. 東洋大学社会学部メディア・コミュニケーション学科

ジャーナリズム論では、米国での専門基礎教育の方法にならって基本的な事項を網羅しつつ現代的な話題にも言及。選択必修・大人数科目で学習意欲を欠く学生も多い中、試行錯誤を続けている。興味関心のある学生からは一定の評価を得ている。

マスコミ倫理・法制論でも具体的な事例を用いて関心惹起を模索している。学生の反応は上記と同様。

映像メディア制作実習では、ビデオ・コンテンツ制作の基本の基本を三脚の設定のしかたやPCキーボードの使い方から始め、マイクや照明の設定も指導。年度を重ねるごとに意図したレベルの制作作品が徐々にできつつある。グループ学習に適応できない学生の対応に苦慮している。

基礎ゼミ・2年次ゼミでは、学生のレベルに合わせた学習方法、英語能力の指導を模索している。教授陣・学生共に英語に対する意識が全般に低い中で試行錯誤が続いている。

コンテンツへスキップ